犬のいるしあわせな生活 Happy and Me

アクセスカウンタ

zoom RSS 070410_飼育記録_6日目_55日齢

<<   作成日時 : 2007/04/10 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

写真は小熊のようにのっしのっしと歩いてみせるハッピー。
どうですか、いさましいでしょう(笑)
昨日の写真ですが、気に入ったのでこちらに載せておきます

●体調
すこぶる良好。よく遊び、よく眠り、よく食べ、そして食べただけ出しています(笑)

●食事と排泄
本日はすべてのウンコがきちんと固まっています。
また、落ち着きがないともとれるほどの活発さが少し抑えられ、のんびりとした時間を過ごせるようになってきました。家に慣れたことがこの変化の原因ではないと、私は確信をもっています。コーギーの飼育本を見ても、まだこの時期は一日に4〜5回食事をさせるものとありましたし、この好ましい反応や穏やかな顔を見ていると、ペットショップで教えられた「食事は一日に2回で十分」というのは、あまり適切なアドバイスではなかったことがわかります。

よく見て、よく関わり、よく調べて、行動を決めること。

ことペットに関しても、本や経験者のアドバイスを鵜呑みにするのではなく、そこに自分の判断を加えてよく吟味していくことが大切だと知りました。

サークルの位置と向きを変えたところ、トイレ場所の混乱があったようで二度ほどトイレ以外でおしっこをしました。
サークルの場所をより良い場所に移動させるための位置変えだったのですが、ハッピーにとってはそんな人間の都合はわかりませんよね。また一からトイレの練習をはじめようと思います。

●しつけ
咬み癖の矯正は順調です。
家具のたぐいはすべて、一日で咬まなくなりました。
人の手にたいしてはまだ甘咬みをしていますが、強く咬むことは激減しました。
かかとを追いかけて咬む、スリッパや靴に咬みつくのはなかなかやめさせられません。

人の手を咬む癖について:
あきらめず、投げ出さず、繰り返し何度でも、咬まれるたびに(たとえそれが甘咬みであっても)おおげさに「いたいいたい!」と身振りをまじえて痛がって見せ、そのあとで「だめ!」と強く叱っています。
叱ったことにあらがってうなったり、さらに咬みつくようでしたら、今度は仰向けにして喉を押さえつけたり、マズルコントロール(鼻先を下から握り込んで叱る方法のこと。大人の犬が仔犬に対して行う叱り方を模したものです)をしたりして、徹底して「咬むのはだめ」を覚えさせています。
あまり怖がらせたり、おびえさせたりするのは良くないことなのかもしれませんが、この癖の矯正については今後も徹底していかなければなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
070410_飼育記録_6日目_55日齢 犬のいるしあわせな生活 Happy and Me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる