犬のいるしあわせな生活 Happy and Me

アクセスカウンタ

zoom RSS 070426_あたたかい世界、恐ろしい世界_22日目_71日齢

<<   作成日時 : 2007/04/26 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

朝から穏やかな天気です。
今日のようなあたたかい日には、庭にたくさんのミツバチが集まってくるようになりました。
花から花へと飛び回るミツバチの羽音を聴いていると、なんだか居眠りしたくなってきます。
風に、ほのかな草むらの香りを感じます。やさしい、やわらかい春の風です。
いい日です。

が、本日の我が家は朝から騒がしくなりました。

窓の外から大きな声が聞こえます。
「たいへんたいへん!」
玄関をノックする音、呼び鈴の音。

ただならぬ気配を感じて慌てて外に飛び出すと、そこには.....庭のトレリス(木製の格子柵のこと。花格子とも書くようです)の隙間に首を突っ込んだまま、抜けなくなってもがいているハッピー(仔犬)の姿が!
大急ぎで仔犬の体を調べましたが、特に怪我はしていないようです。
おびえて少し震えているのが見て取れます。
どうやらしばらくの間もがいていたようです。

うちのトレリスはモッコウバラのおおきなつるを絡み付かせているくらいなので、かなり頑丈につくられています。
「体力を消耗しないように、短時間で。おびえさせないように、できるだけ静かに助け出すにはどうしたらいいのだろう」
答えはすぐに出ました。もっこういばらをあきらめて、トレリスを人力で壊すことにしました。
大きく育ったもっこういばらは母のお気に入りで、数年かかってようやく花をつけはじめたところなのですが、これはまた育てれば良いことです。
私は格子の一本、首をおさえている横木を、ゆっくりと、しかし力強く引っ張りました。
ギギギギギ メシ メシメシッ
横木は大きくきしみながら、じわじわとたわんでいきます。
「ハッピー」
と声をかけると、それまで身を任せるようにじっとしていたハッピーが大きく後ろに飛び下がりました。すぽんと首が抜け、勢い余ってコロンと後ろにころがる仔犬。
まわりに集まってきていた人たちの間から、小さな歓声があがりました。
ころがったハッピーはと言うと、腰の引けた姿勢で耳をうしろにさげたまま、くるくると私のまわりを回っていました。怖かったのでしょうね。そして嬉しいのでしょう。
抱き上げると「ひどいめにあっちゃった」という感じで私を見上げています。
「ありがとう」と言っているようにも見えます。

なにもなくて、本当に良かった。

トレリスの隙間には、実は少し注意をはらっていました。
しかし、数日前までは少々ひっかかりながらも自力で首を入れ、自力で首を抜いているところを見ていたものですから、「まだ危険はない」と私もすっかり油断していたのです。
この隙間は、近所のこどもたちとハッピーとをつなげる良い空間になっているということもあり、できるならこのまま残しておきたいと思ったのですが、やむなくネットを張ることにしました。
もうしばらくたってハッピーの頭が大きくなれば、この隙間に首を突っ込むことが出来なくなりますから、そのときにまたネットを取り払おうと思います。
そうすれば、またこの隙間から、こどもたちの愛情と親愛にあふれる小さな手がさしこまれることでしょう。いましばらくの我慢、ですね。

脱出してしばらくたつと、ハッピーは今度はストレスを全部吐き出そうとでもするように手当り次第にかみつき、土を掘り返し、走り回っていました。
体力を消耗しているように見えたので、あたたかい犬用ミルクを用意して飲ませ、数時間ほど様子を見てみることにしました。
数十分ほどでしょうか、暴れ回っていたハッピーがおとなしくなった頃を見計らって入浴させ、寝床に戻しましたが、今度は体をわなわなと大きくふるわせています。様子がおかしいと感じた私は、ストーブに火をいれて部屋をあたため、ハッピーを抱いてソファに腰掛けました。

ハッピーは、まるで泥の中に沈んでいくように、深く眠り込んでしまいました。

午後、うんこを4回。しっかりしたうんこ。
その後、大量に嘔吐。(吐き出しと嘔吐の昼間のような吐瀉物)
夕方になってもまだ様子がおかしいので、抱いて腕の中で眠らせました。
人に抱かれることで落ち着くようで、深く、よく眠っていました。

夜、トイレ場所の感覚をなくしてうろうろ。遊び場書で何度もおしっこ、うんこ。便意を催すたびにトイレに移動させるが、うまくうんこを出せずに困ってくるくるまわっていました。
ひどく混乱している様子です。あんなに怖い思いをしたのですから、これもしょうがないことなのでしょう。

トイレ場所が固定されはじめ、トイレシート以外で排泄することはほとんどなくなっていたのですが、今日ばかりは排泄のしつけのステップを前に戻して、トイレ場所だけでなく、サークルの中すべてにトイレシーツを敷き詰めました。
するとすぐにトイレ以外の場所で硬いウンコを二つ、大きさは殻付きピーナッツ程度。

夜半過ぎまで抱いて眠らせ、トイレに戻しを繰り返し、徐々に元気を取り戻したのを確認して、本日慌ただしい一日が終わりました。

--------------------------------

ハッピー、おつかれさま。
世界には素晴らしいものやあたたかいものがたくさんあるけれど、危険なものもあるのだということを今日は学んだね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
犬用メンテナンスミルク
犬用メンテナンスミルク 成犬に必要なビタミン、ミネラルを強化。 1575円 お腹の調子を整えるビフィズス菌とミルクオリゴ糖配合。 ...続きを見る
ペットショップ
2007/05/12 16:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
070426_あたたかい世界、恐ろしい世界_22日目_71日齢 犬のいるしあわせな生活 Happy and Me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる