犬のいるしあわせな生活 Happy and Me

アクセスカウンタ

zoom RSS 070518_静かな夜、平和な朝・うんこのお話_44日目_93日齢

<<   作成日時 : 2007/05/25 12:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

今日も今日とて、またまたウンコの話題です(笑)汚いお話ではありますが、犬の世話を考えるさいに注目すべき重要なポイントでもありますので、どうぞお付き合いください。
生後60日齢をすぎたあたりから、仔犬には、それまでのミルク主体の食事にかえて離乳食をあたえていきます。このあたりから、排泄のパターンができてくるように感じています。

たとえばうちのハッピーの場合、60日齢以降の排泄のパターンは以下のようなものでした。

04:00〜05:30の間にうんこを1回(サークル)
06:00 起床後、サークル(柵)から庭へ
午前中にうんこ1回〜2回(庭)
昼食
午後にうんこ1回〜2回(庭)
夕食
夕食前後にうんこを1回(庭)
22:00前後 うんこを一回(サ−クル)
深夜24:00〜25:30の間にうんこを1回(サークル)
※おしっこ、日に7〜8回程度

ここから、60〜80日齢ほどの仔犬の排泄パターンは以下のようなものだと私は考えました。

・一日6〜7回はうんこをする(とくに夜半過ぎのうんこと、夜明け前のうんこは必ずする)
・食事の時間をあえて毎日1時間以上ずらしているが、排泄はおよそ定期的にしている

この排泄サイクルでしばらく安定していたのですが、ここ数日、ハッピーの排泄が変わってきたのです。
どう変わったのか、それは...

1.一度にするウンコがとても大きくなった
2.うんこの回数が減り、就寝後の排泄(24時以降に起きだしてするうんこ)と夜明け前のうんこをしなくなった
3.朝、サークルから庭に出してやるとき、あきらかにうんこを我慢していたようなそぶりをする(直後の排泄も多い)
4.固くしまったうんこをする割合が増えた

夜半過ぎのうんこと夜明け前のうんこがなくなってきたのは、私にとってはたいへんな朗報です。これをうっかり見過ごして掃除のタイミングをのがしてしまうと、手足をうんこまみれにしてしまったり、食糞をしてしまったりと、衛生的にもしつけ的にも問題があったからです。そのため、深夜過ぎと夜明け前の静かな時間、私はひたすら子犬を眺め、鳴き声にきをくばりながらひたすら"うんこ待ち"していたのです。

この問題がおこらなくなったことで、私の夜と朝は一気に平和になりました。
とくに、ゆったりとすごせる朝の時間はしみじみと良いものだと、あらためて噛み締めています。

調べてみると、仔犬は成長の過程で「排泄をガマンできるようになる」とあります。
この時期が、内の場合ですと生後80日齢以降、ということなのでしょうね。
生後間もない仔犬を育てていて、うんこの世話に昼夜なく走り回っている飼い主さん、もうしばらくでうんこの世話から少しづつ開放されていくかもしれませんので頑張ってくださいね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
かわいい子犬もしつけができなければとんでもないことに
かわいい子犬をみれば飼いたくなる気持ちになるでしょう。しかし衝動買いはいけません。家庭内でよく話し合い、一人でも犬を飼うことに反対のないようにしていかなくてはなりません。なかでも家庭の中心である主婦の仕事が多くなるので、主婦の賛成は絶対条件です。愛犬の世話は朝夕の散歩から食事の世話、ブラッシングなどの体調の管理まで入れると一日2時間程度は愛犬の為に必要なので、日頃から家にいる時間の多い人が中心になり家族で分担して協力していかなければうまくいきません。外飼いでは愛犬と触れあう時間も限られてしまうの... ...続きを見る
生活の知恵ーインターネット版
2007/05/27 07:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
070518_静かな夜、平和な朝・うんこのお話_44日目_93日齢 犬のいるしあわせな生活 Happy and Me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる