犬のいるしあわせな生活 Happy and Me

アクセスカウンタ

zoom RSS 070629_犬の熱中症対策_86日目_135日齢

<<   作成日時 : 2007/06/30 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

梅雨入りしたのに暑い日が続きます。今年はとくに暑いのでしょうか、うだるような真夏日も珍しくありませんよね。みなさんと、みなさんの愛犬はお元気でしょうか。そして夏を迎える準備はできていますか?^^

私を含め、若葉マークの愛犬家にとって、夏を迎える準備もまた「?」の多い作業です。

なにに気をつけたらいいのだろう?
なにを準備すればよいのかな?
暑い季節ならではの注意点ってあるのかな?

実は昨日、犬の熱中症に関連して少し気になる出来事がありましたので、それを今日の記事としてとりあげたいと思います。

2007年6月28日の日記-----------------------------

朝からよく晴れていました。気持ちのよい天気、と言うには少し暑すぎる陽気で、天気予報では最高気温が30度前後となっていたように思います。

私は、ハッピー(うちの仔犬)をなるべく病院嫌いにさせたくないと思っているものですから、普段からなるべく病院へ向かうルートにハッピーを連れ出すようにしています。

車に乗って病院のほうに行くと、楽しく遊べたり、おいしいおやつがもらえたりする
 ↓
病院のほうに向かうといいことがある
 ↓
病院にいく? 行きたい!

というふうになればいいなぁ、と思ってのことです。
本当は今日、予防接種を受けさせようと思っていたのですが、動物病院が休診日だったことをすっかり忘れて時間を空けていた私(笑)は、いつものように「せっかくだから病院の近くでたっぷり遊ばせよう」と思いました。

エアコンの効いた車内での移動。朝起きたときから、私も、ハッピーも、体調は万全です。冷たい水も500ml持ちました。
太陽が高く昇る前に、川沿いの道を少し歩いて、水遊びをしていきましょう!
ハッピーも嬉しそうにそわそわして、リードを見て目を輝かせていました。

車を降りて歩きはじめ、10分もたたないうちに、私はハッピーの様子がおかしいことに気がつきました。
歩き方が、どこか心もとないのです。
おかしいな、と思ってハッピーを覗き込むと、舌をいつになく長くだらんと出しています。
それに、暑いときにはある程度舌からよだれを垂らすものですけれど、今日のよだれは普通の量ではありません。息づかいも不自然にはやく、荒い....歩きたがらない....

ここでふと、以前読んだ熱中症のことが頭に浮かびました。

-------------------------
犬の熱中症について開設した記事をいくつか紹介させていただきます
●読売新聞(YOMIURI ONLINE)「愛犬の熱中症対策」
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/life/juku/20050712ok01.htm
●P-WELL通信_茶屋ヶ坂動物病院 院長 金本 勇先生監修の記事
http://www.p-well.com/health/clinic/dog/dog-necchuushou.html
-------------------------

これは! と思ってハッピーの背中をなでて驚きました。
まるで閉め切った夏の車内のような熱さになっていたんです。
慌ててヒップバッグから水を取り出し、飲ませます。
「熱中症の手当は、気づいたらすぐに。手当を優先しながら移送を」
という言葉を思い出したので、ある程度の飲み水をカップに入れて、残りの水をハッピーにかけていきました。毛の間にすりこむように水を含ませていくのですが、どうやら体温が下がることが気持ちよかったようで、ハッピーはおとなしく水をかけられていました。

しかし、500ml程度の水ではいくらも体を冷やすことが出来なかったものですから、私はハッピーを抱き上げて近くの公衆トイレに走りました。トイレに入ると、ハッピーは床のコンクリートに腹這いになり、おなかを冷やしはじめました。やはり熱かったのでしょうね。
蛇口からカップに水をすくい、そのままかけては毛並みをもんで擦り込み、これを繰り返しました。ハッピーはけだるそうにしているものの、元気を取り戻してきたようでホッとしました。

駆け出し愛犬家としては、どうにも心配が先走ってしまったのでしょうね。お恥ずかしい話しですが、ものすごく慌てていたようで公衆トイレの床を水浸しにしていました^^;
(この後ちゃんと掃除しましたが、それでもべったり湿っていました。私の後にトイレを使われた方、すみませんでした<(_ _;)>)

しばらく休ませようかどうしようか迷ったのですが、そばの川原に降りれば、ハッピーが自分の判断で好きなだけ体を冷やすことが出来ると思ったので、移動することにしました。

画像

川原に降りてからだいぶたった後の写真ですが、こんな感じでぼーっと水に浸かっている時間がしばしばあったように思います


しばらくの間、水に入ったり、出て寝そべったりをくりかえしていたハッピーでしたが、間もなく

画像


こんなことや

画像


こんなことをして遊んでいました^^
焦って心配しすぎたようですが、でも良い教訓になりました。
熱中症に対処するための用意をもっと念入りにして、夏を迎えようと思います。

画像


============================

熱中症の怖さについて、
melodiansさんのブログ「フレンチブルドッグ・ビスコの日記」
http://www.doblog.com/weblog/myblog/32672
中の2006/08/12日の記事「空港」
http://www.doblog.com/weblog/myblog/32672/2621892#2621892

から、いくつか連なって記事があります。
あらためて怖いものだと感じます。
お話を蒸し返すつもりも、私の考えを述べようというものでもなく、熱中症と移動時の注意点についてmelodiansさんとそのご家族の方から
「他の方がこんな思いをされないように、子供がメッセージを書きました。犬や猫と飛行機の旅を計画されている方がいらしたら、どうか最善の方法で護ってあげて下さい。 お願いします。」
との文章が掲載されていましたので、ここで紹介をさせていただきます。
ビスコちゃんのご冥福を心よりお祈りするとともに、melodiansさんご一家が一日も早く心安らかになれますよう願っております。

======================

2007.06.30追記_愛犬の熱中症対策グッズについて

●えりさんの記事にあります「クールダウンベスト」はこちらです↓(えりさんのブログ「桃尻電鉄」さんに購入先へのリンクがあります)
http://momojiri29.blog89.fc2.com/blog-entry-55.html
水にひたして気化熱で犬の体を冷やすというハイテク素材の犬用シャツです。
犬の熱中症対策として「濡らしたTシャツを着せる」という紹介が獣医さんのサイトによく書かれているぐらいですので、効果は大きいのではないかと思います。
ためしに今日、暑そうにしていたハッピーに、水にひたしてから軽くしぼった通気性のある薄手のタオルを腹巻きのようにして着せてみたのですが、満足そうな顔をして巻いたまますやすや眠ってしまいました。普段ならおもちゃにしてすぐにほどいてしまうところですので、これは良さそうです。
今も机の脇で、腹巻きおじさんのドテ寝のようなかっこうで眠っています^^

●りん子さんにご紹介いただいた「クールバンド」です^^↓(楽天のアフィリエイトショップです)

私がドラッグストアで見てきたものとは少し違うもののようですが、
・着用したまま動ける、というくらいの取れにくさがある(留め具にマジックテープやその他のハズレ止めがついているものが多いです)
・冷却効果が高い(首の血管は太くて大きいので、ここを冷やすと効率よく冷えるのだそうです)
・繰り返し使えるので経済的
ということで、私も購入してみようと思っています。
(散歩の前までに用意をしておかなくてはならないですけれどもね^^)

---------------------------------
コメントにも書きましたが、犬の熱中症のことを調べているうちにわかったことをいくつかまとめておきます。

■犬の熱中症の対処方法
※とくに仔犬や老犬、体調のすぐれない犬は、飼い主が細やかに様子を見て対処してあげる必要があるとのことです。また、ダブルコート(下毛と表毛の二種類の毛がはえている状態)の犬は熱に弱く、注意が必要とのことです※
熱中症に対する一番の対処は「手当ではなく、予防」になるのだそうです。
具体的には

アスファルトが熱くなる時間帯には散歩をひかえる。出かける時には細心の注意を払う。
10分に一度は水を飲む機会を与えるか、体を冷やす機会を与える
犬の体を冷やす準備や、飲み水・冷却水の準備をして散歩をする
ブラッシングをまめにして、愛犬が熱くなりにくいようにしておく
散歩中は、愛犬の様子に細やかに気を配る
気温だけでなく、路面温度や直射日光にも注意を払う
しめきった空間に犬を放置しない

です。
不幸にも熱中症になってしまった場合には、上の記事中で紹介している熱中症関連のリンク先に手当の方法がありますので、ぜひ読んでみてください。
個人的に意外だったのは、
「熱中症の前段階、熱さにややバテはじめたという程度の場合にかぎり、冷水で急激に犬の体を冷やしすぎることは避けるべき。冷やすなら徐々に」
という記述でした。熱中症になってしまった場合は、ただちに全身を冷やすことが重要ですのでこのかぎりではないのですが、前兆程度の場合にのみ
「冷水で冷やすことによって、冷やし過ぎで犬の血管が収縮し、血流が悪くなる。すると冷えた血液が全身にいきわたりにくくなってしまい、冷却の効率が落ちる」
という考え方があてはまるのだそうです。
また、熱中症になってしまった犬にとにかく水を飲ませる、というのも、症状が重い場合には効果が薄いことが多いのだそうです。
飲んでも吐いてしまう、飲んでもすぐにおしっこをしてしまう、そもそも飲み込めなくなってしまう、呼吸が浅くなると水分があっても犬自身が冷却できない(呼吸で冷却するのだそうです)、という状態になるのだそうで、

飲ませるならスポーツドリンク(吸収率が良い)
水をあたえつつも、同時に、かつ優先して体温を下げる手当をする
体内水分を失いすぎている場合は、口からではなく、点滴で補給

という対処があることも、覚えておいて損はないと思います。

■熱中症の初期症状
動きがにぶくなる
はぁはぁと息が荒くなる
よだれが通常の量をはるかに越えて大量に出る
ぐったりとして元気がなくなる
体が熱くなる。耳の付け根が熱くなる

このあと、症状が進んでいくにしたがって

動けなくなる
嘔吐、けいれん

となるとのこと。

軽い症状で済んだ、と思わずに、熱中症になったらその後の経過いかんにかかわらず獣医さんに見ていただいたほうが良いのだそうです。

理由は
急激に体力を失っているので、点滴や投薬によって、回復の手助けをしたほうが良い場合がある
脳や神経、心臓にダメージを受けている場合がある
とのことです。

犬の飼育初心者が、熱中症のことを知ってもらうきっかけになれば、という思いで記事を書いています。ですので、このブログの記事を鵜呑みにせず、ぜひ冒頭の記事本文にあります【獣医さんの解説】へのリンクを開いて読んでみていただきたいと思っています。また、熱中症の手当では、犬種や犬の大きさによって処置のポイントも異なるようですので、かかりつけの獣医さんにアドバイスをいただくことをおすすめさせていただきます^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
犬の熱中症は、この記事を読むまで考えた事も有りませんでした。犬を飼うということはもしかしたら自分の知識の幅を広げる事にもなっているのではないのか?なんて思いながら読ませていただいています。同時に次々と出て来る私の知らない事実にいつも感心させられています。
写真の川はずいぶんと綺麗な川のようですねが、犬だけじゃなく人も遊べるのでしょうか?
manatuno
2007/06/30 07:04
manatunoさんこんにちは^^
今日も暑いですねー!家の中を暗く感じてしまうくらい強い陽射しで、まさに夏、という感じになっています。夏が来て嬉しいような、でも暑いと困るような...(笑)

>自分の知識の幅を拡げる
これ、すごく感じます。manatunoさんのカメラと同じなのかもしれませんが、犬を通して世界を見たり、犬の目線で世界を見たり、といった新しい視点や世界観をたくさん味あわさせてもらっていると思います。
それに、犬の散歩の速度って、歩くのと自転車の中間くらいといいますか、ものすごく小さなものにも気づける速度なんですよね^^
すごくフレッシュで楽しいですヾ(´▽`*)ノ

写真の川ですが、夏になるとこどもたちが泳いでいる場所なんです。きれいな水でしょう!^^
私もこどもの頃はこの川でよく水遊びをしていたのですが、、、、じつは今でもひっそり水遊びを楽しんでいます。いい年をした大人が水遊びというのもこどもっぽいんですけれどもね(笑)
happy_the_corgi
2007/06/30 12:26
ハッピーちゃん歩いて10分程で体調の変化だったんですか〜
車の中も日差し結構強いしね〜
絵留たまに車のクーラーの風に顔近づけてますよ〜
なんせ地面30a程はかなりの厚さと言から娘達にはキツイでしょうね。
日中は行かない様にしているかな〜
ただ旅行の時なんかはクールバンド(首輪でヒエピタの様な物)を真夏はいます。
勉強になりました〜(^^)v
りん子
2007/06/30 13:50
こんにちわ!
コメントありがとうございました!
そうですね、夏は犬達には辛い季節ですね。散歩の時間も場所にも気を使いますよね!コーギーは地表からすぐのところのお腹があるので、地表の熱が伝わり易いので特に気を使うところでしょう。
近くにこんな綺麗な水の流れる川があって、まさにハッピーちゃんにとって、ハッピーですね。川辺の散歩なら人間も癒されますし…色々ご勉強なされてるようですが、感心させられます。どうぞ、ハッピーちゃんに快適な夏を過ごさせてあげてください!
アーチャー
2007/06/30 15:01
りん子さんこんにちは^^
そうなんですよねー、本当に早かったです。あれから熱中症についていろいろ調べてみたのですが、
「10分おきに給水(または体を冷やすことができるような場所や工夫)」
というような解説が多かったので、こまめに給水できるような工夫を試してみようと思っています。
やっぱり娘たちにはキツイんでしょうねー。

今回の一番の反省は、りん子さんがおっしゃっているとおり「日中に歩かせた」ことじゃないかな、と反省しています。散歩は早朝と、夕方アスファルトが冷えてから。それ以外で歩かせる時には細心の注意を、ですね!
happy_the_corgi
2007/06/30 16:25
クールバンドですが、ついさっき出かけた時に人間用のものを見つけて、試着させてもらってきました。なるほど、これは使えるなーと感じました。冷却効果も高いとのことでしたし、意外にきっちり止まりますから、この上からタオル地のカバーでもつくってあげれば散歩にも十分使えそうですね^^
いつもアドバイスをありがとうございます!ヾ(´▽`*)ノ
・水をたっぷり持ち歩く
・濡れTシャツを着せる
この準備にくわえて、このクールバンドも試してみようと思います^^
もしハッピーに使わなくても、私にも重宝しそうですもんねw
happy_the_corgi
2007/06/30 16:26
アーチャーさんこちらこそいつもありがとうございます!ヾ(´▽`*)ノ
文字で読んで頭ではわかっているつもりでしたが、見ると読むのとでは大違いであまりの急なことにあせってしまいました。心を配りすぎるということはないのだなぁ、と改めて思い知らされました。まだまだたくさん勉強しないと、です^^

きれいな川、本当に恵まれていると感謝しています^^私も川原や波打ち際が大好きなので、しばらくは川原を散歩コースにしようかと考えていたところです。風はさわやかですし、水は冷たいし、気分もいいですよねー!

>どうぞ、ハッピーちゃんに快適な夏を過ごさせてあげてください!

はい、身の引き締まる思いで言葉を受け止めました。家族の一員として、私が出来る心配りは全部、きちんとしてあげようと改めて思いました。
ありがとうございます<(_ _)>
happy_the_corgi
2007/06/30 16:33
こんばんは。熱中症に関する記事、とても興味深く読みました。私も出かけるときは、珊瑚に犬用のペットボトルみたいな携帯用の入れ物に水を入れて持参していますが、もしものときは、これではあぶないですね。短足族だし。クールダウンベスト、早速購入します。ハッピーちゃんのサイトは本当に勉強になります。
自分のサイトのバカさ加減が気になるこの頃。また遊びにきてくださいね。
珊瑚ママ(オカ)
URL
2007/06/30 22:59
オカさんこんばんは^^
私も、いざ自分の愛犬がゼェゼェしてへたりこむまでは、こんなに簡単に体調を崩してしまうとは考えてもいなかったものですから、本当にびっくりしました^^;
以前「ビスコの日記」を読んで強く印象に残っていて、それでなんとか対処することができた、という感じでした。

愛犬家の先輩方のブログから、愛情や笑いや目標を毎日いただいてすごく楽しい思いをさせていただいています。同時にこういった情報もいただけて、どちらも本当にありがたいです^^

>自分のサイトのバカさ加減が気になるこの頃。

いえいえいえ!そんなことはありません!
ひそかにご家族ネタと尻ネタでピントを合わさせていただいておりまっす(笑)
毎日チェキナベイベェなのでありますw
happy_the_corgi
2007/07/01 00:52
それに、私の場合はおもいっきりの素人ということもあって、自分が困ったことやつまづいたところをなるべくアップしていこうと思っているんですね。でも、きっと長く愛犬との生活をなさっている方にはご存知のことばかりじゃないかとも思っています(笑)

ほめてくださってありがとうございます!^O^
拙いながらもぽくぽく頑張っていこうと思いますw
はい、もちろんまた伺わさせてくださいー!
happy_the_corgi
2007/07/01 00:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
070629_犬の熱中症対策_86日目_135日齢 犬のいるしあわせな生活 Happy and Me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる