犬のいるしあわせな生活 Happy and Me

アクセスカウンタ

zoom RSS 時事_07年5月〜/中国産小麦を原料とするペットフードで犬猫が死亡(米)産經新聞

<<   作成日時 : 2007/07/08 13:29   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

たいへん気になる記事がありましたので、紹介させていただきます。

Sankei.web より2007.05.05記事
「米ペットフード禍 中国ずさん管理 食品への影響懸念 【ワシントン=渡辺浩生】」
http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070505/usa070505000.htm

犬ニュースゼロワン より2007.05.01記事
「ペットフードに含まれるメラミンとシアヌル酸の化学反応」
http://news01.net/news/2007/05/20070502153059.php

同2007.07.02記事
「何が入っているかチェック。ペットフード原材料レポート」
http://news01.net/news/2007/07/20070702161045.php

===============
みなさんはこの事件をご存知だったでしょうか?
恥ずかしながら、私はまったく知りませんでした。

ペットフードの心配もあるのですが、それにくわえてこの飼料を与えていた豚、鶏の肉はそのまま流通しているとのこと。愛犬と私たちにとって、けして人ごとではない問題です。

アメリカ国内では記事の通りリコールになっていますが、中国での調査結果や、生産体制・食品の安全管理についてはどうなっているのでしょうか。
これについて追加で情報を得られましたら、またこちらで追記をさせていただきます。

以上、ペットに関する気になるニュースでした。
===============
2007.07.08 追記

犬ニュースゼロワン より2007.06.13記事
「米ペットフード リコール対象製品 並行輸入で国内販売」
2007年6月12日 報道発表資料:
http://news01.net/news/2007/06/20070613011720.php

※当ブログ著者コメント:↑日本国内にも件の危険なペットフードが入ってきているという報道記事です。ご注意ください!※

犬ニュースゼロワン より2007.03.24記事
「リコール ペットフードの原料から駆除用毒物を検出」
http://news01.net/news/2007/03/20070324094937.php
※当ブログ著者コメント:↑危険な原材料、ってなにが混ざっていて危険なの?という問いに答える記事です※

中国産の危険な小麦を原料としたペットフードを製造・販売したメニューフード社のニュースリリースはこちらです(英語)
http://www.menufoods.com/recall/index.html
同社が掲載している危険なドッグフードのリストはこちらです(ドッグフードのみのリスト:英語)
http://www.menufoods.com/recall/product_dog.html

※当ブログ著者コメント:事件発覚後に「当社の製品は安全」と発表したメーカーのペットフードから新たに危険な物質が検出され、販売が中止になるなど、状況ははまだ流動的なようです。※

事件発覚から数ヶ月後、カナダ検疫が同様の危険物質を含んだ中国産の食品原料を発見し、カナダ国内への流入を阻止したとの記事が発表されています。(2007.06.19日)
http://www.inspection.gc.ca/english/fssa/concen/specif/vegproe.shtml

※当ブログ著者コメント:↑ペット死亡事件が多発し、アメリカ政府が件の原料を使用した食品の安全性に対する調査報告書(中間)を発表するなかで、数ヶ月を経てもなお、中国産食品原材料の食品への安全性はいまだなんら確保されていません。これをふまえて考えると、今後も輸出国の「安全だ」という発表を鵜呑みにせず、これまで同様に安全性を「自分で」チェックしていく必要があります※
(2007.05.02 中国外務省はアメリカ政府の発表に対し原因の調査と究明について全面協力をすると声明を出していますが、このカナダの事件はその47日後に起こっています)


-----------------------

英語のページではリコール品や危険な商品の確認がしにくいと思いましたので、日本語のサイトを紹介させていただきます。
これまでの経緯や事件の概要まで、細かくまとめられています。

「ペットフード事件簿」さん
http://petfoods.blog99.fc2.com/

同サイト内のリコール対象製品名の一覧(日本語で読めます)
http://petfood.7pot.net/maker_contamin.htm

同サイト内の、現在安全性が取りざたされている注意すべき製品名の一覧(日本語で読めます)
http://petfood.7pot.net/giwaku.html

-----------------------------

※当ブログ著者コメント:情報を探している過程で、一部情報サイトやペットショップのサイトで「ドライフードは安全」との表示がありましたが、正しくは「ドライフードにも既に危険な物質が混入しています」が正しく、これによるペットの死亡も公式に確認されています。情報は、ご自身の手でよく調べ、不確かな情報源のニュースを鵜呑みにしないよう強くおすすめさせていただきます※

※国内での【正規ルートでの販売品は安全】と発表されているブランドのものでも、並行輸入品についてはこの限りではありません。並行輸入品もごくあたりまえに店頭に並べられておりますのでご注意ください※

※記事執筆時点で入手できた情報を、当ブログは記事にさせていただいておりますが、確認はあくまでも読者様ご自身の手で行ってくださいますようお願いいたします。可能なかぎり情報の確認・情報源の信頼性の確認をおこなっておりますが、しかし記事内容の正確性を保証するものではありません※

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この一方を聞いたのがいつだったか…
もうびっくりで、即確認しました。
私はピュリナワンを使用しています。
今はシニアですが。
こんな事が起きるなんて信じられないですよね〜
なんでもそうだけど、何を信じたら良いか…怖いよね〜
りん子
2007/07/08 20:42
こんばんは!
ペットフードに加えて、先日は機関車のおもちゃや、土鍋から鉛が検出されて問題になりました。その他キクラゲ、薬、歯磨き粉。。。ネットを検索すれば中国産製品の安全性に関する問題がうじゃうじゃ。中国国内では食用油が信用できないらしく、自分専用の油をレストランに持参してくるマイオイル族も出現したとか。現在の中国の国民性なのか、モラルが低いのかいずれにしても早急に改善して欲しいものです。
manatuno
2007/07/08 20:57
こんばんは。こちらの記事を見て、あわてて珊瑚のドライフードや、オヤツをみましたら先日友人から貰ったオヤツが中国産でした・・・怖いですね。日常生活では、努めて中国製品を購入しないようにしていましたが、より一層の注意が必要ですね。
オカ
URL
2007/07/08 22:38
りん子さんこんばんは^^

本当に驚きました。それが調べていくうちに怒りに近いものになってしまいました...
商品の質を偽装して高く売ろうとするための劇物使用。国家ぐるみでの証拠隠蔽。言葉だけの謝罪。守る気のない約束。止まらない、やめない偽装危険食品の輸出。

本当に怖いと思いましたし、私の中にあった中国への信用がすべて吹き飛んでしまった事件でした。

うちでは今、ユニチャームとモリニュウを使っているのですが、こういった場合に備えてなるべくさまざまな会社のものを混ぜて与えるようにしてきたんですね。
でも、今回のようなことがまたあったら、数社のものを混ぜるのは逆に危ない場合もあるかもしれませんし、考えるきっかけにはなったように思います。

本当に怖いです!><
happy_the_corgi
2007/07/08 22:39
manatunoさんこんばんは^^

おもちゃや土鍋、、、被害にあった方、不安や怖さを感じた方への精神的な被害もさることながら、そんな危険なものをつかまされてしまった小売業者さんへの信頼・金銭両面での打撃もありますし、どちらもとほうもないことだと感じています。

しかもマイオイルまで....
誇り高くて、面子や忠義を重んじる中国の人たちの気質はどこにいってしまったのかと疑ってしまうような中国政府の対応ぶりでしたよね。
今、日本の一番の貿易相手は中国ですし、中国にしても一番の貿易相手は日本ですよね。
生活のいたるところに入ってきている中国産製品....怖い、と正直感じています
happy_the_corgi
2007/07/08 22:53
オカさんこんばんは^^

私もあわてて確認しました。本当に怖い思いをさせられてしまいました><
食品や製品の原産国表示ですが、以前のような
・袋を入れ替えたら国産品
・ラベルを張り替えたら国産品
・他のものを混ぜたら国産品
というようなことは減ってきているのだそうです。
私たち消費者は自分の目で、ラベルを信じて原産国表示を確認していくのが、手近で有効な防衛策なのかもしれませんよね!
お互い本当に気をつけていきたいですよね。
ニュースを見たとき、ふとハッピーがつらそうに喘いでいる時のことが頭に浮かんでしまって、切ないやら悲しいやら怒れてくるやらで本当に心がざわざわとしてしまいました><
happy_the_corgi
2007/07/08 23:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
時事_07年5月〜/中国産小麦を原料とするペットフードで犬猫が死亡(米)産經新聞 犬のいるしあわせな生活 Happy and Me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる