犬のいるしあわせな生活 Happy and Me

アクセスカウンタ

zoom RSS 070819_夏の思い出_136日目_185日齢

<<   作成日時 : 2007/08/19 02:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

画像


姪っ子は川遊びが大好きです。そしてハッピー(仔犬)が大好きです。
ハッピーも姪っ子が大好きで、やっぱり川遊びが大好き。
そういうわけで、じつに自然な流れとして、姪っ子がうちにいた日はほとんど毎日、ハッピーの散歩を兼ねて川原に出かけ、水遊びをしていました。

生き物が好きで「身近にいるいきもの」に強い興味をもちはじめた姪っ子は、魚や虫をさがして川原の石を飛んで渡っていきます。ハッピーは姪っ子の保護者だとでも思っているのでしょうか、姪っ子のあとをついてまわって岩陰を覗き込んだり、先導して浅瀬を泳いでわたったりしています。
仲の良い姉妹、といった光景です。

いいな、あんな遊びを私もしたいな

そう思いながら眺めていると、自然にほほえみが浮かびます。

ふと思い出しました。
そうそう、そういえば私も、こどものころは毎日、ああして犬を引き連れて川遊びをしていたんです。
水辺で姪っ子が仔犬と遊ぶ風景が、私の記憶の奥にある鍵を開いたようで、あふれだすような勢いで、"私のこどもの頃の夏"のことが思い出されました。

私はこれまでに犬を飼ったことがありません。
ですので、こどもの私が一緒に遊んだのは近所の犬たちでした。
とくに仲が良かったのはチビという名前の、明るい茶色の毛並みをした柴雑種でした。
とても賢い、落ち着いた犬でした。

夏の朝、食事を済ませて魚穫りの道具をかきあつめて外に飛び出すと、まず私はチビを探します。チビはたいていうちの裏の小さな空き地にいて、私の姿を見つけると、名前を呼ぶまえに小走りで駆け寄ってきます。
挨拶を済ませてから川に向かって歩き始めると、チビは当然のように私の後ろについて歩きはじめます。

歩きながら
「今日は暑い」
とか
「今日は大物をとってやる」
なんていうそんなどうということはない話しを、私はチビにしていたと思います。

魚とりにうってつけの良い岸辺に行く道の途中に、細身のおじさんが一人でやっている小さな総菜屋さんがありました。
私とチビがその前をとおりかかると、きまっておじさんが呼び止めて、私たちにあげたてのカニコロッケをふるまってくれました。
私に、一個。チビにも、一個。
かりかりに痩せたおじさんは、いつも優しそうな笑顔でした。
あつあつで、香ばしい香りのカニコロッケ。本当においしかった。

私はこのお店のカニコロッケが大好物だったので、魚とりに出かけるときにはこれをすごく楽しみにしていました。
しかし、チビはあまりこれが好きではないらしく、一人前に一個もらってくわえるのですが、いつもそのまま運ぶだけはこぶと、岸辺にうめてしまうのです。
大好物が目の前で埋められてしまうのは、私にとっては本当に残念なことでしたけれど、でも
「あのコロッケはチビのもの。だから取り上げちゃイケナイ」
というこどもながらのルールのようなものを私は守っていて、毎日まいにち埋められる素晴らしくアツアツでおいしいコロッケをただ眺めていました。

.....少し長いお話になりそうなので、今日はここまでにしておきます。

最後までお付き合いくださってありがとうございます。続きはまた明日です^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
綺麗な水彩画ですね。私はもう何十年も水彩画は書いていません。子供の頃は見たものをリアルに書かなくちゃ!!上手に書かなくちゃ!!ってそればかり思っていた気がします。
カニコロッケはきっと後で食べようと思って埋めておいたんじゃない?ほほえましいお話です。
manatuno
2007/08/19 07:42
おはようございます。
凄い綺麗な絵ですね〜とてもお上手です
それに見ているだけでほのぼのとします
なんか暖かいです(^^♪

happy the cotgiさんは良い思い出をお持ちですね。それにとても純真な方だと
思います。
ちびちゃんきっと可愛かったんでしょう
ね〜なぜかそんな感じが浮かんできました。
会ってみたくなりますね〜
私は団地に住んでいたので子供の頃もワンコと遊んだ経験が無いんです。
そらが初めてなんですよ。
だからそらと思い出を大切にしたいです。
なんでカニコロッケ生めちゃうんでしょうかね?
やっぱり保存食?にしようとしたのかな〜でもほのぼのとする光景ですね。
かざふ
URL
2007/08/19 09:35
おぉ〜〜っ!!またまた素敵な1枚ですね〜*
なるほど・・happyさんの想い出と重なってるんですね〜。それで川の水の流れの感じが幻想的にも見えちゃうんだぁ〜。happyさんのネバーエンディングストーリーの始まりだぁ〜♪↑コレは現実のお話なんですよね〜・・?(^^ゞ昔はいい時代だったとは言え〜・・・happyさんの年代な訳で〜・・あまりに素敵ないい環境にあるなぁ〜って。・・・それにお話の描写が{真実ですが(^^ゞ}とても美しいので・・・ストーリーになってるみたいなんだもん。でも、それで今日のhappyさんがあるんですもんね。納得〜*
↑この柴ワンコミックスちゃんは・・・裏に〜って・・・野良ちゃんじゃないですよね〜・・?近所の〜って・・・?すみません・・こんな所がドキドキ気になっちゃって〜。もう昔の話なのに〜・・(^^ゞ

ワンコの習性って面白いですよね〜。後で食べる〜って隠して忘れちゃうんですよね〜。
お話は明日へと続くんですね〜*"^_^"
ロッタのおかあ
2007/08/19 09:35
本当に優しい色の絵ですね。
いわさしちひろ風と言うか、この微妙な色彩、何とも言えません。
happy_the_corgi さん、とっても素敵な少年時代を送っていらしたんですね。
今の子供って川遊びなんてあまりしない子が多いのでしょうね。
私は子供時代には近所の池でよく遊びました。
思い返してみるとけっこうお転婆だったようです^^;
コロッケ屋のおじさん、素敵です。
昔はこんなおじさんがいたんですよね〜ってhappy_the_corgi さんは私よりずっとお若いと思いますが・・・
モモママ
URL
2007/08/19 09:50
manatunoさんこんにちは^^

ほめてくださってありがとうございます(*´∇`*)
そうそう、たしかにこどもの頃って、自分が見えた風景よりも、いかに正確に書き写すかのほうに終始していたように思います。
それが"良い絵"だと信じていたのですが、どこでどうなってそんなことを思い込んでいたのでしょうね?
今になってみると本当に不思議ですw

一夏で60個以上埋められたカニコロッケ、、、今頃どこかで芽を出して、大きなカニの木にでもなっているのでしょうか?(笑)
happy_the_corgi
2007/08/19 14:50
かざふさんこんにちは^^

ほめてくださってありがとうございます(*´∇`*)
水辺って楽しい思い出が山盛りなんですよねw
それをベースに、この夏の風景を盛りつけてみました^^

これはすごく良い思い出です。
純真かどうかはわかりませんが(笑)、でも多感なこどもだったのだろうな、なんて我ながら思います。
昼間はひたすら外で遊んで、そのくせ夜になると読書読書読書...アウトドアに夢中な友だちで読書にも夢中というのはまわりにはいませんでしたから、ちょっとかわったこどもだったのかもしれませんね(笑)
happy_the_corgi
2007/08/19 15:10
チビはものすごくかわいい犬でした(*´∇`*)
ふりかえるとそこにチビがいる(パクリw)という感じで、いつもおだやかに私を見ていてくれたと、今になって感じています。

愛犬との時間、なにげない、ごくあたりまえのもののようにも感じますけれど、でもやっぱり得難い、素晴らしいものなんですよね^^
かざふさんの日記、おだやかな目でそらちゃんを見ている眼差しのようなものがすごく伝わってきます。そらちゃんも、きっと"しあわせ”なんだと思います(*´∇`*)

厚意は受け取っておこう、しかし食べられないのだ

↑たぶんチビのなかではこんなことを考えていたのではないかと思います(笑)
happy_the_corgi
2007/08/19 15:11
ロッタのおかあさんこんにちは^^

ほめてくださってありがとうございます(*´∇`*)
思い出の中の川、それもよく晴れた日のイメージって、こういう感じなんです。
乱反射する光の中に、いろんな色や形が見えるんですよね^^

はい、すべてノンフィクション、現実ですw
わたしの住んでいるところはすごく小さな田舎町で、住民全員が顔見知りのようなところなんですね。
ですので今でも、これに近いようなやりとりはきっとどこかで行われているんじゃないかと思っています。
なんともいなからしい、のんびりとしたものですよね(笑)
happy_the_corgi
2007/08/19 15:25
この犬は、ご近所さんの飼い犬でした。
が、首輪以外はなにも縛られず、ひもや鎖につながれているところは見たことありませんし、散歩に出かけているところも私の記憶にはありません。
今ではなかなか考えられない飼い方ですよね。
なので、この犬、しょっちゅううちの玄関で眠っていたんです。
昼寝ではなく、宿泊を、です(笑)
ほとんど毎日一度はうちで食事を食べさせていました(帰る気がまったく無い日が多かったんですよね)し、どこの犬なのかわからなくなるような振る舞いをしていました。
いろいろと思い出すと、ほんとうに懐かしいです^^
happy_the_corgi
2007/08/19 15:26
モモママさんこんにちは^^

わぉwいわさきちひろさん風というのはまた嬉しい感想です!ヾ(´▽`*)ノ
あの人のタッチ、本当にやさしいですよねー(*´∇`*)
私も大好きですw

少年時代をふりかえってみると、風のように自由だったと思います。
懐かしくもあたたかい時代ですよねw
川遊びをするこども、本当に少なくなりました。
ですが、川に入ってみると、遊ぶ気がしなくなるのも少し理解できるところがあるんですよね。
水質が悪くなって水たまりがすぐに腐る。
サギのような沼にいる鳥がやってくるようになる。
虫が減る、魚が減る、いきものがへる。
happy_the_corgi
2007/08/19 15:48
キュウリやスイカのようないい香りだった岩につくコケも、ぬるぬるとすべりやすい臭い藻がつくようになる。
学生時代、友人と「この川が現役でいられるのはあと数年だ。だから、いまのうちに楽しんでおこう」と話してたくさん水遊びをしたのですが、その言葉通りに今では半分排水溝、ただの溝のようになってきています。
寂しいことです。

モモママさんも外遊びでしたかーw
(予想通りですd( ̄ー ̄*) )
おてんばは褒め言葉です(笑)すばらしいー!ヾ(´▽`*)ノ
happy_the_corgi
2007/08/19 15:49
とっても、優しいタッチの絵が続々と出来上がりますね〜〜
↓の絵も好きですが、私は今回の背景が好きです〜〜
happ the corgiさんは本当に穏やかな方なんでしょうね〜お会いしたい気持ちです〜(^^)
子供の頃って私の周りは余りワンちゃんを飼っている方がいなく、野良犬の方がイメージ的には残っています。
チビちゃんの思い出って素敵ですね。
とっても穏やかな気分になりました〜
有難う御座居ます〜(^^)
りん子
2007/08/19 17:19
これはあの純文学の折の画像が
原案の絵ですよね?
「思い出色」ってあるものなん
ですね。心の中にしまってある
思い出を描く際の色使いとは
こういうものなのかなぁ〜と
思いました。

私は川遊びの経験がほとんど
ないので、自分の体験に照らし
合わせて・・・というよりは、架空の
物語を読むような感覚で記事を
拝読しました。
Arsha
2007/08/19 18:17
こんばんは。またまた素適な絵ですね。
書く人の温かさが伝わってくる感じです。私自身、小さい頃に大きな近所の犬に追いかけられた事が、犬嫌いのトラウマだったのですが、珊瑚を飼い始めて大きいのもすべて大丈夫になりました。
珊瑚に感謝感謝です(笑)続きのお話、楽しみにしています。
オカ
URL
2007/08/19 20:23
りん子さんこんにちは^^

ここ一週間ほどは、自分の時間というと描いてばかりいるような気がします。
久しぶりの「描いている」という感覚が楽しくていい時間になっています(*´∇`*)

穏やか、うーむぅ、そうですねー。そう言われてみると時々言われているような気がしてきます(←すぐそんな気になってしまう人(笑))
本当にいつかお会いできるといいですよねー^^
機会がありましたらぜひよろしくお願い致します!ヾ(´▽`*)ノ

最近でこそ見なくなりましたが、少し離れたところの飼い犬が、普通にリードも何もなしにそこらを自由に歩き回っていたような気がします。
半野良、というところだったのでしょうか。
思えばほんの数十年前まで、おおらかな飼い方をされていたんですよねw
そのぶん、こどもの頃は「犬に咬まれた、おいかけられた」というような怖い思いもたくさんありました。
懐かしいです(*´∇`*)
こちらこそありがとうございます<(_ _)>
happy_the_corgi
2007/08/20 13:16
Arshaさんこんにちは^^

そうですそうです、あの純文学風なときの記事前後の風景をベースにしています^^
思い出色、たしかにあるのかもしれませんねー。
私の中にある水や川のイメージって、こういう色なんですよね。
水中から見ると緑かうすい青が多くて、水上から見るとさまざまな色がかさなって動いているというイメージです。
これってきっと体験色のひとつなんだろうな、なんてことを思いましたw

大人になってからの川遊び、これでなかなか味わい深くて楽しいです(*´∇`*)
もし機会がありましたら、水上も、水面も、水中もぜひ味わってみていただきたいな、なんて思います。
踏ん切りさえ付けば、すぐそこに未知の世界が、という感じです^^
happy_the_corgi
2007/08/20 13:21
綺麗な素敵な絵ですね。
初めて見た絵なのに、何だか懐かしい。

姪っ子ちゃんとハッピーちゃんは本当に良い関係を築いてますね。
なろうと思って成り立つものじゃなく、自然に出来上がってる所がいいですね。
happy the corgiさんとチビもいい相棒同士だったみたいですね^-^
続きを楽しみにしてます。
アサ
URL
2007/08/20 14:10
オカさんこんにちは^^

> 書く人の温かさが伝わってくる

そんなそんな(*/∇\*)

> 書く人の温かさ

またまたー(*/∇\*)

うむ、これで今日の午後の仕事を乗り切れそうです<(_ _)>
私も実は何度か危ない目にあったことがあります。
何頭かの猟犬においたてられたり(私をイノシシかなにかだと思ったのでしょうか?)
ばっくり脇腹を咬まれたり(ウマソウだったのでしょうか?w)
ああいうのってけっこう尾を引きますよねーorz

オトさんが帰った今、オカさんの珊瑚くんへの復讐劇(?)がはじまりますねwたのしみにしていまっすヾ(´▽`*)ノ
happy_the_corgi
2007/08/20 15:23
アサさんこんにちは^^

ほめてくださってありがとうございます(*´∇`*)

本当にいい関係になれていると感じます。
つい最近までは明らかにハッピーのほうが幼なかったのですが、最近では姪っ子のほうが幼く見えてきました。人と犬って成長の速度がちがいますから、抜いたり抜かれたりと見ていて本当におもしろいと感じます。

はい、本当にいい相棒でした(*´∇`*)
続き、ぽくぽく書いていますので乞うご期待ですw
happy_the_corgi
2007/08/20 15:45
素敵な絵ですね〜そういえば、よくみたらsmatiさんが、あり写祭に参加されていますね。スマーフちゃんとの思い出画像かしら?楽しみですわ〜

私は生まれた時からわんこと一緒にいますよ。でも、最初の子は物心がついたときは、すでに大人だったので、あまり遊んだ記憶も世話した記憶もないのですが・・で、次の子は子犬からだったので、いっぱいお世話しました。家で出産もさせましたしね。そのおかげで・・・知らぬ間に、実家は柴2匹ダックス2匹の多頭飼いに・・・うちが3人兄妹で、祖父母に家が隣だったので、人間7人で4頭の世話してましたわ。てか・・多すぎるやろ?って感じですけどね。今はダックス2匹しか残ってませんが・・・んでも、1日でも長生きして欲しいですね〜慶汰は、チコのことをどう思っているのか・・・命の尊さを大切にする子に育って欲しいと思いますわ。ハピコギさんも、飼ってはいなかったけど、素敵なわんちゃんとの思い出があるのですね。
JUNKO
URL
2007/08/21 23:49
JUNKOさんこんばんは^^

ほめてくださってありがとうございます(*´∇`*)
そうそう、絵といえばそうなんです。
smatiさんのご依頼を受けたのですが、ここしばらく連絡待ちの状態になっています。きっとsmatiさんお忙しくなさっているのでしょうね。
くわえた獲物は放しません(笑)から、smatiさんのブログにもコメントを残しておきましたので、きっと時間が出来たら連絡をいただけるのではないかと思っています。もうしばらく待ってみますね^^
JUNKOさんお気遣いをありがとうございます!(*´∇`*)

犬と一緒に暮らすのって、本当にいろいろ気づかされますよね。
姪っ子を見ていて感じたのですが、どうやら
「お世話しないと」
と思っているらしいんですよねw
かいがいしくもウンコの掃除からペットシーツの取り替え、水汲みまで、私が知らないうちにやってくれるようになっていたんです。
教えたわけでもないのですが、一人っ子で「お世話されるのが普通」だったはずの姪っ子が、自然と「私がやらないと」と思って行動してくれたこと、本当に嬉しかったです。
happy_the_corgi
2007/08/22 02:13
犬が与えてくれるもの、犬に与えてあげられるもの、愛情をもって接することで見えてくるものもきっとあって、こどもってそれを素直に感じ取って吸収していくんじゃないか(そうあって欲しい(笑))、なんてことを強く思っています。

それにしても7人で4頭はすごいですねー!
きっと賑やかであたたかい家庭だったのだろうな、なんてふと想像して、自然とほほえんでしまいました(*´∇`*)
JUNKOさんよいご家族ですねー!ヾ(´▽`*)ノ

>1日でも長く

本当にそう思います。
長生きして、いい時間をもっとたくさん、一緒にすごしていきたいと思いますし、そうあってほしいと思います。
15年じゃたりないですよね、本当に!

はい、さきほど、このお話の続編を掲載しました^^
よろしければそちらもぜひ呼んでみてくださいーw(←宣伝みたいになってますね(笑)
happy_the_corgi
2007/08/22 02:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
070819_夏の思い出_136日目_185日齢 犬のいるしあわせな生活 Happy and Me/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる